スティールダーツ備忘録

PDCの事やダーツの練習法について発信します。

孤軍奮闘しているPDC選手たち

先月開催されたヨーロッパとイギリスのQ-Schoolの結果、2023年度PDCの舞台でプレーする128人のツアーカードホルダーが決まりました。

Q-Schoolについてはこちらの記事をご覧ください。

 

dartsroadtopdc.hatenablog.com

 

128人の国籍の内訳は

やはりダーツの本場のイギリスやオランダ出身の選手が大半を占めています。

今日は1人で自分の国を背負いPDCの舞台で活躍している、ツアーカードホルダーについて書いていこうと思います。

Twitterもやっているので是非フォローをお願いします。

twitter.com

ポルトガル

ポルトガル唯一のツアーカードホルダーは日本でもお馴染みのJose se Sousaです。

トリニダード所属の48歳は、現在オーダーオブメリット14位と上位に位置付けています。元々は、ソフトダーツをメインでやっていた選手です。Joseは2019年にツアーカードを取得してから、大活躍を収め2020年のグランドスラムで優勝、2021年のプレミアリーグでは準優勝をしました。JoseはPDC選手の中でも、トップレベルのスコアリングパワーを持つ一方、ミスカウントやソフトダーツならではのスティールではあまりやらない上がり方をすることでも有名です。

ラトビア

ラトビア唯一のツアーカードホルダーは、ユニコーン所属のMadars Razmaです。

34歳のRazmaは現在オーダーオブメリット35位です。2017年にラトビア人として初めてQ-Schoolでツアーカードを取得しました。ワールドチャンピオンシップに2020年から4年連続出場していて、最高成績は2021と2023年の2回戦敗退です。Razmaは20よりも19のエリアに好んで投げることで知られている選手です。

リトアニア

リトアニア唯一のツアーカードホルダーは、コスモダーツ所属のDarius Labanauskasです。

46歳のLabanauskasは現在オーダーオブメリット52位です。2019年にツアーカードを取得したLabanauskasは、ワールドチャンピオンシップに2019年から5年連続出場しています。最高成績は2020年の準々決勝敗退です。

 

クロアチア

クロアチア唯一のツアーカードホルダーは、ダイナシティー所属のBoris Krcmarです。

43歳のBorisは現在オーダーオブメリット54位です。2020年にツアーカードを取得したBorisはワールドチャンピオンシップに2011、2021、2022、2023年と4度出場しており、最高成績は2023年度の2回戦敗退です。なお、2023年度のワールドチャンピオンシップでは1回戦でアジア代表の鈴木徹選手に勝利しました。

 

dartsroadtopdc.hatenablog.com

Borisは元々ソフトダーツをプレーしていた選手で、ソフトダーツの大会では400回以上優勝している日本でも有名な選手です。

南アフリカ

南アフリカ唯一のツアーカードホルダーは、Shot所属のDevon Petersenです。

36歳のDevonは現在オーダーオブメリット58位です。2011年に初めてツアーカードを取得しました。2013年に腕の怪我により1年間ダーツをできず、2014年にツアーカードを失効しましたが、2015年度のQ-Schoolですぐ取り戻しました。そこから現在に至るまでツアーカードを保持しています。ワールドチャンピオンシップには合計9回出場しており、最高成績は2021年の4回戦敗退です。メジャー大会の最高成績は、2020年のヨーロピアンチャンピオンシップのBest4です。

アメリ

アメリカ唯一のツアーカードホルダーは、Loxley所属のJules van Dongenです。

32歳のJulesは現在オーダーオブメリット94位です。2022年度に初めてQ-Schoolでツアーカードを取得したJulesは、2023年度はプロツアー2年目です。今年オーダーオブメリット64位以内に入らなければ、ツアーカード失効になるので今年が勝負の選手です。

デンマーク

デンマーク唯一のツアーカードホルダーは、Vladimir Andersenです。

33歳のAndersenは2022年のQ-Schoolでデンマーク人として初めてツアーカードを取得しました。PDCのメジャー大会には2010年と2022年にデンマーク代表としてワールドカップに出場しています。今年オーダーオブメリット64位以内に入らなければ、ツアーカード失効になるので今年が勝負の選手です。

フランス

フランス唯一のツアーカードホルダーは、コスモダーツ所属のJasques Labreです。

40歳のJasquesは今年のヨーロピアンQ-Schoolでオーダーオブメリット7位となり、フランス人として初めてツアーカードを取得しました。

Jasquesの詳しい情報についてはこちらの記事でも書いています。

 

dartsroadtopdc.hatenablog.com

 

フィリピン

フィリピン唯一のツアーカードホルダーは、Robson所属のChristian Perezです。

41歳のPerezは今年のイギリスのQ-Schoolでオーダーオブメリット9位となり、フィリピン人として初めてツアーカードを取得しました。去年福岡で行われたアジアチャンピオンシップで優勝をし、アジア代表として2022年度のグランドスラムに初出場、2023年度のワールドチャンピオンシップに4度目の出場をしました。ソフトダーツとハードダーツ両方で活躍している日本でも有名な選手です。

Perezの詳しい情報についてはこちらの記事でも書いています。

 

dartsroadtopdc.hatenablog.com

 

今日は1人で自分の国を背負いPDCの舞台で活躍している、ツアーカードホルダーについてまとめてみました。

来年のQ-Schoolでは日本人もツアーカードを取得し、スティールダーツがもっと盛り上がることを期待しています。

スティールダーツの練習法に困ってる人へ

今日はTwitterで見つけたスティールダーツの練習法と実際やってみた感想についてシェアしていきたいと思います。これから書く内容は大体1時間で終わる練習メニューとなっています。

 

参考元

https://twitter.com/Dartpractice/status/1479430088366116868/photo/1

ウォームアップ

最初の10分間はブルに向かって投げます。1本目にインナーブルかアウターブルに入ったら、ハットトリックを出すイメージで2本目、3本目とブルに投げていきます。もし1本目にブルに入らずどこかのシングルナンバーに入ったら、2本目を入ったシングルナンバーのトリプル、3本目はダブルを狙い投げます。例えば1本目がシングル14に入ったら、2本目はトリプル14、3本目はダブル14とシャンハイを狙います。

自分でやってみた結果、この練習は色々なエリア(ボードの上下から左右)を狙うことになるので腕を振るいい練習になると思いました。

グルーピング

次は20から10まで順番に、3本シングルナンバーにダーツを入れる練習です。20のシングルエリアにダーツが3本刺されば19にすすめて、それを繰り返し10に辿り着くまで投げ続けます。トリプルとダブルに入ったらノーカウントになります。

普段シングルに3本入れるシチュエーションがなかったのでこの練習が1番難しかったです。1本目にシングルエリアの真ん中に刺さるとスタッキングで2本目、3本目と入れやすかったです。しかし、1本目がトリプルやダブルの近く、または隣のナンバーのギリギリのところに刺さると、狙いを変えないといけないのでシングルキープは難しいと思いました。

ダブル

アプリで2-80までの数字をランダムで生成します。20個数字を生成しその数字1つ1つを3か6ダーツ(1か2ラウンド)で上がれるまで投げ続けます。もちろん上がりはスティールの501と同じダブルアウトです。自分は下記のサイトでランダムナンバーを生成しました。

RANDOM.ORG - Integer Generator

この練習はただ単にダブルを狙うだけではなく、1本目にアレンジの数字を挟むこともあるので実践的でいいなと思いました。また、生成される数字が小さいので20ダブルが入らない時は、16ダブルに切り替えるアレンジを簡単にできます。なので自分にストレスをかけすぎないいい練習だと思いました。

 

マッチプレイ

最後に101、151、201、251、301を9ダーツ(3ラウンド)で上がる練習です。

15分から20分間時間を設け、その中でどの数字まで到達できるかを自分の中で競います。

これは非常に実践的な練習でいいと思いました。自分は15分間で251まで到達できました。301はダブルをうつチャンスが1回あったのですが惜しくも外しました。

 

以上が約1時間でできる練習法でした。

また、他の練習法を見つけたらシェアします。

 

 

 

 

 

 

D-TOUR 開幕戦結果  衝撃の9ダーツと日本最高峰のスティールダーツトーナメント

今日は先ほど行われたD-TOURの結果をまとめていきたいと思います。

 

Twitterもやっているので是非フォローをお願いします。

twitter.com

まず今回の大会のビックニュースは西谷譲二選手が9ダーツを達成したことです。

西谷譲二TARGET🤫 (@GeorgeNishitani) / Twitter

残念なことに中継には移りませんでしたが、D-TOURでは初めて9ダーツが出ました。

今日の選手のパフォーマンスを見る限り、これから中継でも9ダーツが出る感じがすごくするので楽しみです。

優勝

優勝はUnicorn所属の浅田斉吾選手です。

決勝では衝撃の97.25のアベレージを叩き出し、強敵松田純選手4-1で下しました。全選手の中で最多の1日を通して7本の180を出しました。

準優勝

準優勝はDynasty所属の松田純選手(85.76)です。

惜しくも決勝では負けたものの、カウントアップランキングで1位を取った浜崎祥悟選手や、勢いのあった後藤智弥選手を倒し強さを見せました。100+と140+の数が全選手の中で1番多く、点取り能力の高さがわかります。

Best4

Best4はTarget所属の後藤智弥選手(82.56)と

後藤智弥@TARGET (@tomo180ya6_6) / Twitter

DMC所属の龍波光彦選手(83.61)でした。

龍波光彦 Sunny (@Sunny43626131) / Twitter

まとめ

1日を通してのアベレージが80を超えた選手が23人、その中で85を超えた選手が6人、90を超えた選手が2人と、日本のスティールダーツのレベルの高さが見えます。その理由の1つにカウントアップ予選でのスコアリングパワーの向上があると思います。上位に入賞した選手は、1本目のダーツの付け方が上手な印象を受けました。ソフトダーツの両団体所属選手が出れるD-TOURはやはり日本でトップレベルにレベルが高いスティールダーツのトーナメントだと思います。

 

PDCアワード ワールドチャンピオンシップの覇者と大型新人の到来

今日は2022年度PDCアワードから表彰された選手について書いていこうと思います。

Twitterもやっているのでぜひフォローをお願いします。

twitter.com

プロツアープレイヤーオブザイヤー

この賞はPDCのプロツアー(プレイヤーズチャンピオンシップやヨーロピアンツアー)で1番いい成績を残した選手に与えられます。

2022年度この賞をを受賞したのはLuke Humphriesです。Lukeは2022年度6回プロツアーを優勝、プロツアーの賞金額ランキングの1位を取りました。

ファンプレイヤーオブザイヤー

この賞はオンラインによるファン投票で1番票を獲得した選手に与えられます。

2022年度この賞をを受賞したのはMichael Smithです。Smithは約60%の票をファンから獲得しこの賞を得ました。

テレバイズドパフォーマンスオブザイヤー

この賞はテレビ放送された試合の中で最も優れたパフォーマンスを見せた選手に贈られます。

2022年度はRoss Smithが受賞しました。受賞した試合はヨーロピアンチャンピオンシップの決勝でRoss SmithがMichael Smithに11-8で勝利した試合です。

PDPAプレイヤーズプレイヤーオブザイヤー

この賞はツアーカードホルダーの投票によって選ばれたその年に1番活躍した選手に贈られます。

2022年度はMichael Smithが受賞しました。Smithは2022年度3回テレビ放送された大会での優勝に加え、3回プレイヤーズチャンピオンシップで優勝したので文句なしの受賞ですね。

ヤングプレイヤーオブザイヤー

この賞はその年のPDCのツアーで1番活躍した若いプレイヤーに送られる賞です。特に年齢制限はないのですが歴史的に25歳以下の選手に贈られています。

2022年度はJosh Rockが受賞しました。ワールドユースチャンピオンシップに優勝し、ワールドチャンピオンシップでBest16まで残った功績を讃えれれ受賞しました。

ベストニューカマーオブザイヤー

この賞は素晴らしいデビューをPDCで果たした選手に贈られます。

2022年度はJosh Rockが受賞しました。Joshはツアーカードホルダーになった初年度にプレイヤーズチャンピオンシップで優勝し、グランドスラムで9ダーツを達成しBest16に入るという素晴らしいデビューを飾りました。

PDCプレイヤーオブザイヤー

この賞は1番権威のある賞で、その年に1番活躍した選手に贈られます。

2022年度はMichael Smithが受賞しました。Smithは2022年度USダーツマスターズ、グランドスラムそしてワールドチャンピオンシップを優勝し初めてオーダーオブメリット1位になりました。

まとめ

7つある賞のうち3つをMichael Smith2つをJosh Rockが受賞しました。今年も2人の活躍が楽しみですね。

プレミアリーグ Night1 衝撃の優勝者とニュースター誕生について

今日は昨日行われたプレミアリーグ初戦の結果について書いていこうと思います。

Twitterもやっているのでぜひフォローをお願いします。

twitter.com

 

まず初戦の優勝者はChris Dobey。マスターズに続いて2大会連続の優勝となりました。

Smithと一緒でメジャー大会を優勝したことでメンタル面で余裕ができた結果だと思います。

結果

Best 8 

  • Dimitri Van den Bergh (99.77) 6-2 Jonny Clayton (101.04)
  • Michael van Gerwen (102.36) 6-3 Michael Smith (100.84) 
  • Chris Dobey (95.98) 6-3 Peter Wright (103.77)
  • Nathan Aspinall (94.39) 6-4 Gerwyn Price (91.29)

Best 4 

  • Michael van Gerwen (106.00) 6-4 Dimitri Van den Bergh 
  • Chris Dobey (95.82) 6-4 Nathan Aspinall (93.06) 

決勝

  • Chris Dobey (96.94) 6-5 Michael van Gerwen 

オーダーオブメリットの上位4選手がGerwenを除く全て初戦負けするという衝撃的なスタートで始まりました。始まる前はなぜDimitriやAspinallが選ばれたという声が多かったのですがそれらを黙らせる結果となりました。PDCはこのような展開になることを予測してたんでしょうか。

回収率

PDC選考選手の活躍により4つした予想の1つか当てれないという残念な結果となりました。

予想については下記の記事をご覧ください。

 

dartsroadtopdc.hatenablog.com

 

今回の回収率は

自分の予想もAI予想も1つしか当たらず回収率は自分が62.5%、AIが41.75%と厳しい結果となりました。

やはりPDC上位選手のショートフォーマットの試合予想は難しいです。

 

今年はMichael Smithの年かと思ったのですがもしたらChris Dobeyの年になるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレミアリーグ Night1

今回はいよいよスタートするプレミアリーグのナイト1の予想をしていこうと思います。

プレミアリーグについては下記の記事に書いているのでご覧ください。

 

dartsroadtopdc.hatenablog.com

Twitterもやっているのでぜひフォローをお願いします。

twitter.com

まずトーナメント表がこちらです。

Match 1 

Dimitri Van Den Bergh vs Jonny Clayton 

Dimitriのオッズが2.06倍でClaytonのオッズが1.74倍です。過去6年間に11回対戦していてDimitriが7勝4敗と勝ち越しています。直近のメジャー大会ではワールドチャンピオンシップとワールドグランプリで対戦しておりその時はDimitriが勝利しています。統計によるとClaytonが57.14%の確率で勝つと予想されています。

年末にWorld Championshipでベルギー人として初めて準決勝まで進んだDimitriですが先週行われたMastersでGary Andersonに衝撃の1回戦負けをしました。一方Claytonは去年のプレミアリーグでランキング1位をとっているのでClaytonが勝つと思います。

Match 2

Michael Smith vs Michael van Gerwen 

Smithのオッズが2.20倍でGerwenのオッズが1.67倍です。過去6年間で29回対戦しておりSmithが10勝19敗と大きく負け越しています。統計によるとGerwenが勝つ確率が59.88%です。

Smithが大きく負け越してはいるものの直近5試合はSmithが4勝1敗と勝ち越しておりそのうちの2回はワールドチャンピオンシップとUSダーツマスターズの決勝です。Smithの最近の活躍ぶりについてはいうことがないですが、年明けのGerwenは調子を落としている印象があるのでSmithが勝つと思います。

Match 3

Peter Wright vs Chris Dobey 

Wrightのオッズが1.43倍でDobeyのオッズが2.80倍です。過去6年間に5回対戦しておりWrightが3勝2敗と勝ち越しています。しかし、メジャー大会での対戦経験はありません。

直近のメジャー大会ではヨーロピアンチャンピオンシップBest4、ワールドチャンピオンシップBest8そしてマスターズを優勝とWrightよりいい成績を残しています。しかしプレミアリーグに初めて選ばれたDobeyに対しWrightは10年連続出場しています。大会への経験の差からこの試合はWrightが勝つと思います。

Match 4

Nathan Aspinall vs Gerwyn Price 

Aspinallのオッズが2.50倍でPriceのオッズが1.54倍です。過去6年間に16回対戦しており8勝8敗と引き分けです。直近のメジャー大会ではAspinallはグランドスラムMicheal Smithに敗れ準優勝と好成績を残しましたがマスターズやプレイヤーズチャンピオンシップファイナルでは1回戦負けとなかなか苦しい戦いを強いられています。一方Priceは先月行われたノルディックダーツマスターズで準優勝をしいい滑り出しをしたと思ったのですがこの間のマスターズでシードで出場しましたがあっさりと初戦負けをしました。それに加えPriceはプレミアリーグに5回出場し最高成績が5位といい成績を残せていないのでAspinallが勝つと思います。

まとめ

プレミアリーグ17大会のうちの初戦なので予想が難しいですがこの大会が今後の勢いを決める大事な試合だと思います。

優勝候補のSmithとGerwenが初戦で当たるのは何か運命的なものを感じます。Gerwenがワールドチャンピオンシップ決勝のリベンジをここで果たせるか楽しみです。

優勝はSmithとGerwenの勝者になると思います。

 

 

 

プレミアリーグ 2023年度

今日は先日発表された2023年度のプレミアリーグの出場権を手にした8人の選手とそのスケジュールについて書いていこうと思います。

プレミアリーグの大まかな概要については下記の記事に書いてあるのでご覧ください。

 

dartsroadtopdc.hatenablog.com

Twitterもやっているのでぜひフォローをお願いします。

twitter.com

フォーマット

8人で行われるノックアウト式のトーナメント

全ての試合がBest of 11レグで行われる

Best 4に入ると2ポイント

準優勝すると3ポイント

優勝すると5ポイント

最後の週に行われるプレイオフでポイントランキング1位と4位、2位と3位が対決し勝者が決勝に進み優勝者を決める。

日程と場所

2月2日から5月25にかけ17大会行われる

  1. 2/2 (ベルファスト北アイルランド)
  2. 2/9 (カーディフウェールズ)
  3. 2/16 (グラスゴースコットランド)
  4. 2/23 (ダブリン、アイルランド)
  5. 3/2 (エクセターイングランド)
  6. 3/9 (リヴァプールイングランド)
  7. 3/16 (ノッティンガムイングランド)
  8. 3/23 (ニューカッスルイングランド)
  9. 3/30 (ベルリン、ドイツ)
  10. 4/6 (バーミンガムイングランド)
  11. 4/13 (ブライトン、イングランド)
  12. 4/20 (ロッテルダム、オランダ)
  13. 4/27 (リーズ、イングランド)
  14. 5/4 (マンチェスターイングランド)
  15. 5/11 (シェフィールド、イングランド)
  16. 5/18 (アバディーンスコットランド)
  17. 5/25 (ロンドン、イングランド
出場選手

出場者はオーダーオブメリットの上位4選手とPDCが独断で選んだ4選手の計8人です。

プレミアリーグ出場者

1人ずつ紹介していくと

Michael Smith 

  • 6回目の出場
  • オーダーオブメリット1位 (1/31時点)
  • 最高成績は準優勝 (2018年)

Peter Wright 

  • 10回目の出場
  • オーダーオブメリット2位 (1/31時点)
  • 最高成績は準優勝 (2017年)

Michael van Gerwen 

  • 11回目の出場
  • オーダーオブメリット3位 (1/31時点)
  • 最高成績は優勝 (2013, 2016, 2017, 2018, 2019, 2022年)

Gerwyn Price 

  • 5回目の出場
  • オーダーオブメリット4位 (1/31時点)
  • 最高成績は5位 (2019, 2020年)

Jonny Clayton 

  • 3回目の出場
  • オーダーオブメリット7位 (1/31時点)
  • 最高成績は優勝 (2021年)

Nathan Aspinall 

  • 3回目の出場
  • オーダーオブメリット9位 (1/31時点)
  • 最高成績は準優勝 (2020年)

Dimitri Van den Bergh 

  • 2回目の出場
  • オーダーオブメリット11位 (1/31時点)
  • 最高成績は5位 (2021年)

Chris Dobey 

  • 初出場
  • オーダーオブメリット21位 (1/31時点)

直前のマスターズで優勝した選手はここ数年プレミアリーグに招待されてるので、Chris Dobeyの出場はある程度予想していました。

ただ2022年度ワールドチャンピオンシップを除いて主だった活躍をしていなかったDimitriの出場は予想できませんでした。自分的にはLuke HumphriesかDanny NoppertがPDC推薦枠に選ばれると予想していました。

この間初タイトルをとったChris Dobeyが今年どのような活躍をするか今から楽しみです。